Gete-mono-oki|Illustrator「アキヤ」OFFICIAL SITE Illustrator「アキヤ」のオフィシャルサイトです。ロゴやポップ、ステッカーなど様々なデザイン制作を承っています。2019年、オリジナルブランド「Gete-mono-oki」を立ち上げ、自らデザインしたファッションアイテムやイラスト、雑貨などの販売を開始。また、ライブやレコーディングなどフリーのドラマーとしても活動中。

隠れた名作『シルバータブ』

シルバータブ イラスト

こんにちは!イラストレーター兼ドラマーのアキヤです。

前回はラルフローレンでしたが、今回は『Levi’s silver tab』についてお話ししていきます。

 

Levi’sといえばジーンズの定番で赤いタブが特徴として

全世界に親しまれているブランドですが、今回のシルバータブは案外知らない人が多い印象。

 

かく言う私自身も2年前までは

「シルバータブ?なにそれ・・・?」

という感じでした。しかし出会いは突然、ある日アメカジ系の古着屋で店員さんと

いいデニムが無いかというお話をしていた時に見せていただいたのがシルバータブ。

初めて見た時、あまりにもリーバイスのイメージとかけ離れたシルエットで

これは本当にリーバイスかと疑ってしまったほど。

 

それ以降というものすっかり虜となってしまい今日に至るわけです・・・。

 

さて、それではまず初めにシルバータブの誕生に遡ってみましょう。

 

『silver tab』は異端なる90’sが生み出した

ナイトクラブ

90年代クラブミュージック全盛期、若者達は動きやすく

デザイン性の高いファッションを求めるようになりました。

 

その流れを汲み取ったリーバイス社は“シルバータブ”を発表し、大ヒットを納めます。

しかしその背景には王道からの脱却という挑戦がありました。

 

それもそのはず、Levi’sとは1853年からアメリカの労働者を中心に全世界へと羽ばたいた

「ジーンズといえば」で真っ先に名前が挙がる最も有名なブランド。

もちろん様々なモデルを出していたリーバイスですが突飛なシルエットの物はなく、

自身こそがオリジナルであり王道として頂点に君臨していたわけです。

 

リーバイスが避けてきたであろう異質な世界への挑戦、

それは当時の人々に驚きと新鮮さを与えた事でしょう。

 

それと同時に90年代という特殊な時代の中であったからこそ、

リーバイスに刺激と変革をもたらしシルバータブの様な今までに

存在し得なかった新たな発想が生まれたわけです。

 

ではシルバータブはどういったものだったかに軽く触れていきましょう。

 

シルバータブの代表的なモデル紹介

一概にシルバータブといっても様々なモデルが存在します。

 

ではどのようなものがあるか代表的なものをご紹介。

 

.BAGGY(バギー)

シルバータブ バギー イラスト ジーンズ

深い股上にもも幅が大きく広がっていて裾に向かって急激なテーパードがかかっているのが特徴。

 

当時主流としていた浅めの股上、細めのシルエットとは全く逆方向といえます。

同じく90年代流行していたCONVERSEやVANSとは相性が良く、ぜひ押さえておいて欲しいところ。

 

.LOOSE(ルーズ)

シルバータブ ルーズ イラスト

こちらも太めのシルエットですがバギーと違いテーパードしていないのが特徴。

 

ストンと落ちたシルエットはいい意味で野暮ったい印象に。

1段のみのロールアップもいいですが、個人的には折らず弛ませるのがグッドです◎

 

.CARPENTER(カーペンター)

シルバータブ カーペンター イラスト ジーンンズ

バギーとルーズの中間といった印象を受けるモデルで、バギーほどではない

緩やかなテーパードが特徴。

太めのシルエットでもスッキリ見せたいという方にオススメです。

 

また、こちらはカーペンター(大工)という名前の通り、刷毛や工具を刺しておくための

ループやポケットがついているペインターパンツ型となっております。

 

そしてこの3本共通点が、表記のサイズよりも1,2サイズくらい大きいこと。

なので履き方としては腰上まで上げてベルトでぎゅっと縛る履き方がカッコいいですね。

(もちろん1サイズ下げてジャストで履くのもアリです◎)

 

そしてシルバータブは履いて洗うほどに独特のくたびれ感が出てきます。

それは太いシルエット故のものなので、赤タブの物とぜひ比べて見て欲しいところ。

また、このシルバータブは一度生産中止をして2017年に復刻されたラインなので

90年代のものと17年代のものでは少しだけ雰囲気が違います。ご注意を。

 

まとめ

今回ご紹介したシルバータブですが他にもSTRAIGHT+LOOSEというモデルであったり

コーデュロイのものがあったりと個性的なものがまだまだあります。

 

個人的には新品よりも古着がオススメ。

きっと出会いが買い時、ぜひ自分のお気に入りの一本と巡り会ってくださいね。

 

 

当ブランド(イラストレーター)はデザインやイラストのご依頼を常時受け付けております。

お問い合わせやご質問はコンタクトからご連絡ください。

 

CONTACT

関連情報

Gete-mono-oki|Illustrator「アキヤ」OFFICIAL SITE

Gete-mono-oki|Illustrator「アキヤ」OFFICIAL SITE

Illustrator「アキヤ」のオフィシャルサイトです。
ロゴやポップ、ステッカーなど様々なデザイン制作を承っています。
2019年、オリジナルブランド「Gete-mono-oki」を立ち上げ、
自らデザインしたファッションアイテムやイラスト、雑貨などの販売を開始。
また、ライブやレコーディングなどフリーのドラマーとしても活動中。

屋号 gete-mono-oki
電話番号 080-6141-4626
営業時間 12:00~20:00
代表者名 金岡 彰也 (カナオカ アキヤ)
E-mail info@getemonooki.com

コメントは受け付けていません。

特集